最後の力を振り絞って 東北学院大2年 波多野里南

みなさん、こんにちは!

キシャカケS18、12日目。

本日のブログ担当は東北学院大2年波多野里南(はたの・りな)です。


本日の仙台はどんよりとした曇り空。私たちの気持ちを表しているようです…。

というのも、本日が原稿の最終締切日。

締切の時間が刻々と近づいてきている中、各々の班は妥協せずよりよい記事に仕上げるため、意見を出し合っていました。担当デスクの「現場のプロ」の声を聞きつつ、ひとつのパソコンを囲んでみんなで原稿に向き合い、執筆に取り組む姿は、まさに真剣そのもの!


私が所属する班は、名取市にあるかまぼこ店「ささ圭」を取材しました。

昨日はお昼過ぎから班原稿の執筆を始め、気がついたら外は真っ暗に。時計の針は22時を指していました。中には夜のうちに原稿が書き上がらず、今朝まで執筆していた班も。どの班も真剣に「言葉」と向き合い、記事を書き上げていました。


「文章」はたった一言でも印象が大きく変わります。「伝えたいことをうまく言葉にできない…」。そんなもどかしさが募りました。班員で何度も何度も手直ししました。読んで違和感を覚えるフレーズが出てくる度、言い換えて、また読み込んで…の繰り返し。単純作業は精神的にも身体的にも辛いです。私の脳は頻繁にフリーズ。思考回路がストップし、何も考えられなくなりました。

そんな辛い状況も、班員で協力して乗り越え、納得のいく原稿を作り上げることができたと思います。新聞を作るということがどれほど難しく、大変な作業なのか、身をもって感じた一日でした。新聞記者って、本当にスゴイ!です。


班原稿が終わったら息をつく暇もなく、感想文を書き、私はこのブログを書き、個人原稿を書きます。

締切に追われて今頭の中が真っ白です。

今日が一番焦っています(汗)。

タイピングする手が震えています(ブルブル)。

周りの皆も、パソコンに向き合い、原稿を仕上げているようです。浮かれている様子は全くありません。キシャカケS18生、最後の力を振り絞って、ゴールへの前進を続けます!


明日はいよいよ最終日。この2週間、家族以上に時間を共にしていた仲間と、朝の空気が漂う河北新報で「おはよう」と挨拶を交わせるのも、残り1回です。


わずかな残り時間も無駄にせず、妥協せずに「言葉」と向き合い、残る原稿を書き上げて、笑顔でゴールテープを切りたいと思います!

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000