インターン4日目! カメラ講習&情ボラ交流

インターングループC「チームコミュ」のリーダー、宮城大学2年の畠秀治郎です。



インターン4日目の8月9日午前、河北新報写真部の門田勲氏に「カメラ講習」をしていただきました。



カメラを構える際のコツや心構えといったことを教わり、報道写真を撮る技術をプロの方から学びました。



門田さんは震災翌日の空撮写真などを見せながら、当時の心境などを語ってくださいましたが、中でも印象的だったのは、津波で大破した自宅2階のベランダから、ヘリに向かって手を振る女性の写真。



門田さんは報道の任を全うするため、救援などの行為は一切できなかったことを申し訳なく思いながらシャッターを切ったと語っていましたが、

後日連絡が取れたその女性からは「これを自分の人生の再スタートの写真にしたい」と言われ、救われたそうです。



そんなエピソードを引き合いに、門田さんが「写真は撮るものではなく、被写体が撮らせれくれるもの」とおっしゃっていたことが、印象的でした。



そして午後はいよいよ実技!

門田さんから与えられたテーマは「平和」。今日が長崎原爆記念日だということにあやかって設定された課題です。参加者は「平和」な写真を撮ろうと、カメラを片手に街へ飛び出し、公園や朝市、商店街などに散りました。







社に戻ってからは、自分たちがとった写真を、門田さんに講評していただきました。



自分は市場の魚屋の店主が商品を前に立つ姿にレンズを向け、商いが普通に成り立っていることから平和を伝えようと思いましたが、門田さんからは店主男性の表情が、今ひとつだったことを指摘されました。



どうしたらもっと力のある写真になるか━。被写体にもっと執着する大切さを学びました、



その後、「情報ボランティア@仙台」というボランティア団体のメンバーと交流しました。



同世代の学生で、僕たちインターンと同じように、被災地を取材し情報発信することで、被災地の力になろうとしている面々です。



取材を進めるに当たっての参考となる話をしていただき、特に、事前に準備をしておくことの大切さは今後の日常生活にも通じてくることだと感じました。




--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000