インターン生・写真日記 12年8月11日

 インターン生は11日(土)、農地再生に取り組むボランティア団体ReRoots(リルーツ)の作業を手伝いました。



 草刈りの後は、スコップで地面を掘り起こし、大小様々なサイズのがれきを取り除きました。







①自転車に乗り、リルーツ事務所(仙台市若林区荒井)からおよそ3キロほど離れた作業現場へ出発









②リルーツの広瀬代表から作業の注意点を真剣に聞くインターン生







③大粒の汗を流しながら、農地に生えた雑草を取り除くとともに、がれきを掘り起こす







④力作業をひとまず終えてホッと一息。弁当を頬張る







⑤今日の作業は終了。バスケットボールコート一面分ほどの農地の草刈りとがれき除去が完了しました
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000