伝えるということ

インターン生の小泉遥果@東北芸術工科大学です。





インターンシップ7日目 今日からインターン第二週目の始まりです。



デジタル編集部記者の相原さんから「より人に伝わる文章の書き方」について、話しを聞きました。











相原さんが、人生で一番衝撃を受けた文章は、今の奥さんから交際中にもらったラブレター。そんな自身の経験を例に挙げながら、わかり易く話してくれました。



中でも、私がぐっときたのが、

「文章に、客観なんてないです。どこを取り上げるか、何を伝えるかも、その人の主観でしょう」という言葉です。



私も何かを文字で表現する際、「私なんかがこんな風に書いてしまっていいのだろうか」と度々悩むことがあります。



もしかしたら、この言葉で誰かを傷つけてしまうのではないだろうか─。そんな不安や疑問があったのです。



ですが、今日、相原さんの話を聞いて「自分が生み出した文章を客観視することは大切だが、失敗を恐れず、自分を信じて挑戦していこう」という前向きな気持ちになれました。



私たちが先週訪れ、各自が書いた閖上(ゆりあげ)地区の取材レポートにも、丁寧な指摘をもらいました。



自分たちが書いた文章を見直してみると、自分では伝わると思っていた部分も、読み手には伝わっていないこともあること、言い換えれば独りよがりな文章となっていたことがわかりました。















他者の目で文章を読み直す大切さに気付いた後は、一班が7〜8人の三班に分かれ、学生同士でさらに互いの取材レポートを読み合い、気付きを指摘しあいました。















インターンシップも一週間たち、学生同士の意見交換は、ある意味遠慮を少し取り払って行うことができたので、刺激に満ちていました。



自分と同じ立場の学生が書いた文章です。同じ時間、同じ座学を受けたのに、記されている内容は、全く別物。違う目線、多様な捉え方があることに素直に驚きました。



同時に、グループワークの面白さや、文章における表現の難しさにも触れました。



今日の学びを一言で表現すると「より人に伝わる文章とは、下手に飾らないわかり易い文章だ」と実感しました。



目指すべきは、そのテーマに関する予備知識がない人にも、書かれた文字を追うだけで内容がしっかり伝わる文章です。



ですから文章を書く際は、読み手を意識し、独善に陥らないバランス感覚が大切なのだと、痛感しました。





先週からの座学や被災現地での活動を通して感じたことを、一人一人が文章を書き記す中で「カタチ」にしていくのが、今週の課題だと思います。



教えていただいた知識や技術などが、実際に文章を書く経験をすることで、自分の中で徐々に繋ながっていく感覚もあります。それはとても踊りだしなくなるような喜びです。



今週は、さらに本格的に文章を書く作業が続きます。

失敗を恐れずに、前向きに行動・表現していくことを心がけようと思います!
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000