取材の一歩

インターン生の佐藤優薫(ゆか)@東北学院大です。



 先週始まったインターンシップは今日で9日目。いよいよグループワークに入りました。



 それぞれのチームで向き合うテーマを決めるため、まずは取材対象としてどんな人がありうるかを三つのグループに分かれ、アイディアを出し合いました。









 はじめは「被災地の商店の方」「ボランティアに来ている人」など具体性がありませんでしたが、進めていくうちに「ブログで被災体験を綴(つづ)っている人」

「給水車を運転していた人」

「運動スペースが仮設住居になってしまった学校の先生」

「震災時無料でシャンプーをした理髪店長」

対象者が見えるようなアイディアが出てきました。



最後には活動場所の一角に取材対象者を書いたA4サイズの紙が200枚ほど広がりました。









 どんな人に話を聞けたら面白いだろうか。



 自分の頭を柔軟にして話し合うことで、アイディアの幅が広がります。

人それぞれ興味関心が違い、仮設住宅に住む人々に着目した人や、

文化人と被災地のかかわりについて話していた人。



 視点の違いに「こんな捉え方があるんだ」とハッとさせられました。



 互いにアイディアを言い合うことで、新たな切り口に気づくことができた時間でした。



 午後からは、それぞれのグループで取材対象をどんな人にするか話し合いました。





 なぜ取材したいのか、その人を取材することで何を伝え、どんな結果を生みたいのか。





 単純な好奇心だけで、取材対象は決められない。

その難しさにいま、直面しています。





 明日には取材先のアポ取りに入る予定です。

それぞれのグループがどんな視点でどんな人を取材するのか、とても楽しみです。
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000