インターン3日目

河北新報社インターンシップ生の神田航平@東北大です。



パーソナルサポートセンター(PSC)の高木さんから絆支援員としてのお話をうかがいました。



その後、河北新報社デジタル編集部の大泉さんから取材のノウハウについての座学を受けました。

特に、大泉さんの座学を受け、この先のインターンシップがさらに楽しみになりました!早く記事書きたくなりました!



まだインターンシップも始まったばかりなので、この先も共に切磋琢磨しあって、このインターンシップを充実させたいと思います!



ちなみにこの日、これから3週間共に活動していくグループ分けを行いました。僕が属する3人組のチーム名は「マリオネット」。

メンバーは、油屋祐輝@立命館大学大学院、菅原夏希@東北工業大学と僕の3人です。




--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000