対象などに関して補足です

デジタル編集部の大泉です。

たくさんの方にページをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、対象学生の要件などに関して、補足します。

下記のとおりですので、興味をお持ちの方はご確認願います。



近日中に、この内容を付記してチラシを差し替えます。よろしくお願いします。



■対 象

1)青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉・栃木・新潟・長野出身の

  全国の大学生/大学院生等(現在の居住地などは特に問いません)

2)青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉・栃木・新潟・長野にある

  大学等に通学している大学生/大学院生

※東北3県に限らず、茨城県・栃木県・千葉県の一部の地域など、

  被災地に認定されている地域も含みます。

  大学例)東北3県の大学・千葉大学・筑波大学・茨城大学

  ・常磐大学・宇都宮大学・帝京大学・その他

■条 件

1)仙台市内から取材先までの往復交通費・現地宿泊費・現地での

  交通費などを実費補助します。

2)ボランティア保険へは各自でご加入ください。

 ※大学生協などで提供されている保険をご利用ください。
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000