QRコードを用意しました!

デジタル編集部の大泉です。

多くの方にアクセスいただき、ありがとうございます。

既にインターンを主催するETIC.には次々と、

参加の申し込みが来ているようです。



インターンに21日間(正味は18日間)の時間を割くのは、

アルバイトやバカンスなどとの兼ね合いを考えると

難しい面もあると思います。



しかし、それ以上に

「自分を高めたい!」

「新たなことに挑戦したい!」

「震災復興の力になりたい!」といった思いが、

エントリーという一歩を踏み出させているのだと思います。



学生さんのそうした心意気は嬉しいことですし、

真っ直ぐな思いにこたえられる

プログラムを用意したいと思っています。



この試みを、より多くの人に知っていただくために

QRコードを用意しました。







友人・知人への拡散や情報共有、サイトアドレスのメモがわり

ご活用ください!
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000