PRに奔走中!

デジタル編集部の大泉です。

今回のインターン企画、皆さんのためになる内容にしようと

日夜策を練っていますが、

それも皆さんに参加していただかなくては元も子もありません。



そこで5日、6日の両日は、仙台市内の主な大学を行脚。

就職課やキャリア担当のセクションにおじゃまし、

企画をPRするポスターやチラシを置かせていただきました。







大学関係者の皆さんの反応は上々!

「取材体験はコミュニケーション力の向上に直結しますよね!」

「プロの記者に指導を受けられるんですか!」

「就活で避けては通れない作文力のアップにもつながりますね!」

といった評価をいただきました。



より多くの方に関心を持っていただき、

そしてエントリーの一歩を踏み出していただければと思います。
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000