再び一緒に暮らせる日まで 東北大2年 鈴木学

 震災後に保護したり、無償で預かった犬猫は延べ455匹。現在もなお120匹あまりが飼い主を待っている。仙台市青葉区芋沢のペット関連サービス会社「ドックウッド」。



 「もし私が被災して何かを失ったら、ペットが希望、目標になるし、がんばれると思ったから活動している」代表の我妻真紀さん(41)は、言葉に力を込める。飼い主にとってペットがどれだけ支えになっていたか、それを手放す心境を考えると預かり活動を始めないわけにはいかなかったという。



 実際に、毎週ペットに面会に来て、家を建て直す励みになっている飼い主たちがいる。同市宮城野区鶴ケ谷の芳賀正治さん(42)もその一人だ。自宅が被災し、建て直す間、愛犬のニコちゃんを預けている。「犬とはいってもやはり家族。ニコちゃんの大切さを再認識した。ちゃんとお世話してもらいありがたい」と感謝する。







 「保護してからが始まり」と我妻さんは語る。「世話をする人があってこその命」助けた命とどう付き合っていくか。スタッフやボランティアは皆、飼い主の代わりにできる限りの愛情を注いでいる。「いい顔をして過ごしているペット達を見ているとうれしい」と真紀さん。ゲージの中の犬達はとても生き生きしている。



 ドックウッドの取り組みが、ペットと離れて暮らさなければならない被災者の心の支えとなっている。しかし、飼い主が見つからなかったり、さまざまな事情で家に帰れくなったペットが居り、里親を募っている。震災直後は答えきれないほど殺到していた申し出は、今となってはほとんど無いという。「阪神淡路大震災の時は、最後の一匹の里親が見つかるまで10年かかった」と耳にしたという我妻さん。



「最後の一匹まで責任もって見ていくつもりです」。我妻さんの決意は固い。




--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000