夕刊未掲載③ 気付きを繋げる 〜震災が教えてくれたこと〜

東北学院大3年 阿部礼奈

東北大4年   遠藤柊子

宮城大2年   木村俊介

東北学院大2年  京洋平





「100年後の人々の生活にこの震災の教訓が生きればうれしい」



エフエム仙台の防災情報番組「SUNDAY MORNING WAVE」を担当するフリーラジオパーソナリティの板橋恵子さん(60)は、そう話す。





【写説】熱い想いを語る板橋さん=エフエム仙台





東日本大震災の7年前から、防災情報を発信してきた。長年培った知識が、地震発生直後に放送した番組で生かされた。



「無我夢中」で、マイクに向かった。「二次災害を防ぐことが震災時のメディアの使命だから」



「震災関連情報で、冷静な判断ができた」「落ち着いて行動できた」…。多くのリスナーから反響が寄せられた。



震災前後の経験で得た教訓を生かすため、板橋さんが取り組んだのが、豊富な防災情報を載せた「サバ飯(サバイバル飯の略。非常食)防災ハンドブック」の発行。

製作に携わり、5万部以上が人々の手に渡った。



サバ飯のレシピをはじめ、地震・津波から身を守る10カ条、住まいの危険度診断などが細やかに記されている。いわば人々の「気付き」が集約されている。



蛇口をひねれば水が出る。スイッチを押せば電気が灯る。震災の時、私たちは日常のあたり前を失った。それと引き換えに、普段得ることのない気付きを得た。便利さ、人と人との絆、電力の在り方・・・など、さまざまな意味合いを。



それらの小さな気付きを積み重ねることが、震災を経験したからこそ、大事なのではないか。板橋さんは言う。「この震災で学んだことを無駄にしてはいけない」



震災から時間が経つにつれ、せっかくの気付きが、日常生活の中で、ともすれば忘れがちになっている。



「災害への備えも大切ですが、(気付きを忘れず)人の生き方を見つめ直すことも、大切なことではないでしょうか」



そう、板橋さんは問い掛ける
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000