取材から記事の執筆へ

こんにちは。インターン生の東北学院大2年、京洋平です。



8月18日はインターン13日目。いよいよ記事の執筆です。



昨日までに取材でたくさんのことが聞けた班、物足りなさを感じ再取材に行った班。進捗は違いますが、みな一生懸命、原稿の提出に向かって走っています。



取材で聞いた内容を、どう料理するか─。

これまでの講義や、デスクにレポートを添削してもらって学んだことを生かすべく、考えをめぐらせます。



頭の中に書きたいことがあっても、それをどう文章にしていいのか分らない。分った気がして文字にしてみても、読むとどこか違和感がある・・・。なかなか出口の見えないジリジリとした時間は、ある意味、修羅場です。



取材が無事終わり、記事執筆に集中したい班は、デスクの了解を得て、在宅勤務を選択するとこもありました。僕たちの活動拠点となっている河北新報社のホールには所々空席があり、少し寂しい雰囲気です。







出社してみんなで記事を書く道を選んだ班は、互いの理解を伝え合って取材内容を整理し、読み手に伝わる記事を書こうと、わき目も振らずパソコンに向かっていました。















原稿の提出日は21日。残された時間は、長いのか、短いのか・・・。



目指す「伝わりやすい文章」を絶えず意識しながら、今日一日と締め切りまでの残り二日間を集中して、原稿に向かいたいと思います。


--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000