ペットも備えは必要 宮城大2年 畠秀治郎

 おとなしくできず、人を噛んでしまった犬。狭い場所が苦手で、暴れてしまう犬。「番犬」として飼われ、人に慣れさせることなく育てられた犬…。

 

 避難所でこうした犬たちは「迷惑犬」として被災者に疎まれた。だが、しつけ次第で犬たちは“変わる”ことができた。

 

 仙台市青葉区のペット関連サービス会社「ドックウッド」の代表・我妻真紀さん(41)が教えてくれた。



 ドックウッドは震災直後から被災地で飼い主とはぐれた犬や猫、避難所・仮設住宅では飼うことができないペットの無料で保護してきた。その数は延べ455匹に上る。

 

 活動には多くの困難があった。食べ物がなかったために、やせ細った犬。予防接種をしていなかったために、突然吐血して死んでしまった犬もいた。だが、飼い主のなかでは自分のペットが予防接種を受けているか知らない人が多かったという。迷子札がなく、名前も飼い主もわからない犬が非常に多かった。ケージに慣れていなくて暴れだす犬もいた。預かってみて初めて、我妻さんは飼い主たちの“姿勢の現状”を痛感させられた。



 震災からの教訓は多い。我妻さんは震災時のペットの備えとして次のことを訴える。「命にかかわるから犬の予防接種。普段から人に慣れさせるしつけ。番犬だからしつけなくていいわけではない。迷子札や犬鑑札、マイクロチップをペットにつける。マイクロチップは455頭中4頭しかつけていなかった。ハウスに慣らしておくことも必要」などと。

 

 ペットも大切な家族。東日本大震災を経験した多くの飼い主たちが、自身のペットをめぐって様々なことを学んだ。次なる非常時、“同じ轍”踏まぬように、備え、できることは少なくない。











 ※有限会社 ドックウッド:仙台市青葉区芋沢。震災後は、保護活動の他に仮設住宅を回り、トリミングのボランティアを行う。原発の警戒区域に取り残されたペットを保護した。半分以上を飼い主の元に返すことができた。


--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000