読書体験を生きる力に 東北大2年 佐藤優司

 東日本大震災からわずか3日後、仙台市青葉区にある塩川書店五橋店の店主、塩川祐一さん(49)は、本屋を再開する決意をした。なぜこれほど早く再開したのか。

「早く本屋を開けてほしい」何人もの近所の母親らから、書店を開けてもらいたいとの要望があった。本を読ませることで、子どもたちの不安や恐怖を和らげるためだ。だがそれだけが理由ではない。塩川さん自身も、「本」は人生にとって必要であるという思いがあった。



 「人生の困難に出会った時、何がその人の支えになるのか。その一つが本だ。」と塩川さんは言う。読書を通して人は生きる力を得ることができるからだ。例えば、「考える力、想像力、思いやりの心など。」私自身、例えば小さいころは藤子F不二雄の『ドラえもん』をよく読んでいたものだ。今となってはその経験は社会を見る視点、豊かな想像力や思いやりの心といったものを育む原点になったと感じている。



 「読書で学んだことは忘れにくい。それは、読書は読み手が考えたり、想像したりして思いを膨らませているから」と塩川さんは言う。これからの復興のために必要になってくることは、「伝えること」。風化を防ぐには、震災を通して考えたこと、感じたことを交えて伝えることが大切だ。あの時見聞きした助け合い、感じた人の優しさ。単に震災被害のデータだけてなく、大きな体験として、後の世代に伝える。そうすることで、「私たちは震災を『経験』として忘れないようにすることができる」この伝えるために必要な思考を読書体験は与えてくれる。

だから今、塩川さんは「子どもたちにもっと本を読んでもらい」と言う。「本の値打ちは本自体にあるのではない。読書を通じて様々なことを考えたり思ったりするプロセスにある。」読書を通じて得る力は大きい。





メモ

仙台市青葉区にある塩川書店。震災当時、新刊が入手できない中、ある一人のお客さんが店内に置いていった一冊の「少年ジャンプ」を、塩川さんは「ジャンプ読めます」との貼り紙を出して、子どもたちに無料で回し読みさせた。
--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000