想像力 ─写真と文章の共通項─

佐藤 麻里絵@東北福祉大学 福祉心理学科3年です。



インターン5日目、河北新報での学びは4日目です。

朝いちで、今後一緒に取材と記事執筆に取り組む

グループの発表がありました!!



4人一組の5グループ。

チーム名は



A:おむすび丸

B:寄せ鍋

C:ふるふる

D:目黒(アイ・ブラック)

E:ポン・デ・タイガー

に決まりました!



個性が出てますね〜(統一感がない、とも言う?)

それぞれの名前の由来は

あえて記すほど深い意味はないので、省略します!





チーム「ポン・デ・タイガー」の面々。

これからチームでの動きが増えるけど、他のメンバーとの繋がりも大切に☆







河北新報写真部のカメラマン岩野さんの講義を聞きました。

たくさんの学びがあった中で、もっとも印象に残った一言は、

「写真は選択の芸術」。



目の前の景色の中から、何にフォーカスするか

構図を選択するフレーミングだけでなく、

写される方のプライバシーに配慮することも

その「選択」のなかに入っているのかもしれませんね。





写真講義

岩野さんが震災直後の困難な状況下に撮った写真などが次々

映し出されました。学生の目は真剣そのものです







学びをもとに、次は実践。

岩野さんから課せられたテーマは「季節」を撮ることでした。

「季節」を求め、街にGO!



名残まくっている酷暑(大汗)、かすかに足音が聞こえ始めた秋・・・。

ビル街の谷間や公園、商店街など、インターン生は思い思いの

場所に散りそれぞれが感じた「季節」にレンズを向けました。



日頃から人間観察をして歩くのは好きですが、

テーマをもって切り取り方を気にしながら歩くと、

街の見方が変わって新鮮でした♪



帰社後、各人が厳選した5枚の写真を、岩野さんに批評していただきました。

自分が撮った写真に、プロのコメントをいただけるなんて、

カメラ小僧の私は歓喜でした!





私が撮った写真その1 「イービーンズ4階の中庭」

岩野さんには「奥行きがあると、視線の移動が生まれて面白い写真になる」と望外の評価をいただきました!

でも、告白すると、おじさまに直接カメラを向ける勇気がなかったので、花を撮るふりして撮っただけでした(笑)。





私が撮った写真その2 「ひまわり」

長い夏に疲れたひまわりと、秋に備えパラソルを片付けるおじさま。

これも岩野さんには、構図をほめていただきましたが.・・・。



人の営みをしっかり写しこんだ写真を撮ること、

つまり物語性が感じられる写真を撮ることは

読み手に伝わる文章を書くことに似ている気がしました。



見る側の心に響く写真を撮るには、どうすればいいか。

独りよがりにならなず、読み手に伝わる文章を書くには、

どうすればいいか─。

共通して必要なのは想像力だと感じました。



震災後、「情報ボランティア」という活動をしている

東北学院大の学生2人に話を聞く機会もありました。

学生の目線で被災地を取材し、ブログなどで発信している団体で

インターン生から見れば、同世代の「先輩記者」に当たります。



心に響いた一言は

「自分からこころを開いていかない限り、相手もこころを開いてくれない」。

インタビューも人間関係、人と人。



取材する側に求められるのは、相手の話を聞き出そうとする

姿勢だけでなく、時としては自らをさらけ出しながら相手に

向き合う態度なのですね。



明日は、昨日訪ねた名取市閖上(ゆりあげ)のレポートの批評会。

全員の原稿が全員の前にさらされ、さらにデスクの愛のムチを受けます。





チーム「アイ・ブラック」の由来にもなったデスク役の目黒さん。ご指導、よろしくお願いします!







どんな指摘を受けようとも、それも成長の糧。

気を引き締めてガンバリましょう!






--------

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000