【A班原稿】岩井畳商工店(仙台市太白区)/編み目の温かみ 小物に

東京外国語大3年  飯岡真凜

東北学院大2年   神室理穂

上智大2年     津田真由子

明治大2年     千葉茂樹

 指でなぞると、波打つ畳の編み目。千代紙をまとった畳のコースターが並ぶ。若草、ピンク、やまぶき色の品々が色鮮やかに輝く。

 仙台市太白区長町南に店を構える創業90年の老舗「岩井畳商工店」。3代目の岩井武宏さん(57)は、この道37年の畳職人だ。畳の新調や張り替えに精魂を込めてきた。

 本業で磨いた腕を生かし、わずかな時間を見つけては、畳を使った小物作りに挑戦してきた。毎月8日、陸奥国分寺薬師堂(若林区)で開かれる「手づくり市」に出店している。

 畳職人を目指していた10代の頃、畳技術の粋を集めた作品を博覧会で見て、畳の奥深さに引き込まれた。

 「作ってみたい」

 本を頼りに見よう見まねでさまざまな畳小物を作った。サイコロ、枕、サッカーボール…。作り上げた達成感が、次の作品への原動力になった。

 畳の現状は厳しい。一家だんらんに欠かせないものだったが、フローリングの普及により需要は落ち込んでいる。

 年々減る仕事。東日本大震災を機に辞めていく同業者たち。そんな中、息子の勇人(はやと)さん(28)が店を継いでくれた。「やっぱりうれしいですよね」と笑みをこぼす。

 店の将来を真剣に考え始めたときに誘われたのが、手づくり市だった。

 「魅力を知ってもらうことが、畳を残すことにつながる。少しでも自分にできることをしたい」。趣味で作る畳小物の販売に乗りだした。

 手づくり市に来た人がうれしそうに小物を手にする姿を目にする。「今度これを作ってほしい!」という期待の声を聞く。市での触れ合いが、創作意欲をかきたてる。

 「次は大きい魚のオブジェを作りたいんだよね」

 郷愁を誘う畳の香りが漂う工房で、今日も岩井さんは小物を通して人と畳の出合いを織り上げる。


工房で畳コースター作りに打ち込む岩井さん

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000