第18期(2018年夏)の申込みを締め切りました

河北新報社「記者と駆けるインターン」事務局の主藤です。

今夏の応募受付は、昨日7月9日で締め切りました。

たくさんのお問い合わせ・申込みをいただき、ありがとうございました。

定員の16人を大きく上回る25人からエントリーがあり、これから選考に入ります。

どのエントリーシートからも、皆さんの熱い気持ちが伝わってきます。

全員を受け入れることができず大変心苦しいのですが、シートの内容はもちろん男女比や学年比などを考慮し、総合的に判断させていただきますので、ご了承ください。

ーーーーー

*エントリー状況*

【性別】男子8/女子17

【大学】県内大学5/県外大学20

【学年】1年生0/2年生11/3年生13/4年生1

【出身】宮城県8/東北地方(宮城県外)2/それ以外15

ーーーーー

選考結果は後日個別にお知らせします。

事務局からの連絡を楽しみにお待ちくださいね!

河北新報社 記者と駆けるインターン

2012年夏にスタートした、大学生向けの記者体験プログラム。 東日本大震災の被災地で、人に会って話を聞き、大事なポイントを見つけ、限られた字数で記事にする―。 そうした体験は、ジャーナリスト志望者のみならず、どんな職種職業にもつながる「生きる力」を養います。 このブログでは、学生の活動成果である記事と、活動中の日々の様子などを随時発信していきます。 募集告知もこちらで行います。

0コメント

  • 1000 / 1000